お電話でのお問い合わせ
0120-974-805
受付時間:9時~17時(土日祝休)
メールフォームからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

各種検査・分析案内

トップページ > 各種検査・分析案内 > 環境水・排水・環境調査
トップページ > 各種検査・分析案内 > 環境水・排水・環境調査

環境水・排水・環境調査

1. 環境水(海域・河川・湖沼・地下水)の水質検査

 宇部環境センターでは官公庁・民間企業様等からのご依頼・受注により、河川・湖沼・海域や地下水の水質調査・分析を行っています。自然環境を守るため、定期的な調査・分析を行い、現状を把握することが重要です。

 お気軽にご相談ください。

 当センターでは以下のような項目の分析を行っています。

  • 健康項目(重金属類、農薬類、PCB、VOC等)
  • 生活環境項目(pH、SS、BOD、COD、T-N、T-P、大腸菌群数 等)
  • 要監視項目
  • 地下水項目
  • その他(農薬類、LAS 等)

2. 工場等の事業場排水について

 日本では、これまでに水俣病(原因:有機水銀)等に代表される水質汚染による様々な公害が発生してきました。これらは、有害物質が十分処理されないまま河川や海域などの公共用水域に放流された汚染水により育った魚介類や作物等を人間が摂取したことによりもたらされました。また、窒素、リンによる富栄養化の問題も顕在化しています。

 現在では、水質汚濁防止法に基づく一律基準、県の条例に基づく上乗せ排水基準、瀬戸内海においては瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく総量規制基準により規制されており、法令に基づく定期的な水質検査が必要です。

 工場排水等の規制強化及び下水道の整備によって、事業場や工場の排水が流れ込む公共用水域の水質は改善されつつありますが、定期的な水質検査により自然環境が汚染されないよう注意を払う必要があります。

 当センターでは以下のような項目の分析を行っております。

  • 有害物質(重金属類、農薬類、PCB、VOC等)
  • その他の項目(pH、SS、BOD、COD、T-N、T-P、大腸菌群数 等)
  • その他(農薬類、成分分析等)

3. 環境調査

 当センターでは以下のような環境調査も行っています。当センターは、海域調査船を所有していますので、海域調査にも迅速に対応致します。お気軽にご相談ください。

  • 河川・湖沼・海域における水質調査
  • 水域(海、河川、湖沼等)の水生昆虫、底生生物、甲殻類等の動物種の同定・定量
  • 水域(海、河川、湖沼等)の植物プランクトン、藻類等の植物種の同定・定量
  • 水域(海、河川、湖沼等)の底質調査
  • 環境影響予測評価(瀬戸内法にかかる流域環境調査 等)